示談交渉は保険会社がやってくれるのか

車対車の事故

万が一の事故のときに、自動車保険会社がどんな対応をしてくれるのかって気になりますよね。

 

特に気になると思うのが、「事故相手との示談交渉は保険会社がやってくれるのか」ということ。

 

多くの方は法律に関しては素人ですから、もし示談交渉を自分でやるとなれば、知識がないせいで、不利な形で示談を成立させられてしまうのではないかって心配ですよね。

 

でも、その点は安心してください。任意保険に入っていれば、
対人賠償保険と対物賠償保険に「示談交渉サービス」がついているはずです。

 

つまり、それらの保険を使えるような事故であれば、
保険会社が示談交渉をあなたのかわりに行なってくれるのです。

 

示談交渉を行なってくれない場合もある。

ただし、注意点が1つあります。

 

対人賠償保険や対物賠償保険を使うような事故に関しては、示談交渉を行なってくれるということは、逆に言うと、それらの保険を使えないような事故に関しては、示談交渉をしてくれないということなんです。

 

もっと具体的に言うと、相手がいるような事故であっても、
「もらい事故」や「相手のセンターラインオーバーによる事故」のようなケースで、
こちら側の過失がゼロになる場合は、保険会社が示談交渉してくれないのです。

 

このケースって、相手に対する賠償責任はありませんので、
対人賠償保険も対物賠償保険も使えませんよね。つまり示談交渉サービスはない。。

 

これは保険会社が不親切なわけではなくて、
弁護士法の関係でこの部分に関しては保険会社が示談交渉できないのです。

 

よって、この場合は示談交渉を自分でやるか、弁護士に行ってもらうことになりますので、
自分でやる自信がある人以外は、弁護士費用特約をつけておくことをオススメします。
この特約があれば、弁護士費用や訴訟費用なども補償されますからね。
(この特約は使っても等級はダウンしません)

 

ちなみに、示談交渉を弁護士に頼んで行なってもらった結果、
あなたに過失が認められてしまった場合、それが怪しいものでなければ、
もちろん対人賠償もしくは対物賠償を使うことができます。
(その場合は等級はダウンしてしまいます)

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30035円も節約されています。

 

無過失主張している場合も示談交渉してくれない。

一般的にはあなたにも過失が問われるような事故なのに
「自分の過失はゼロだ!」と主張した場合も保険会社は示談交渉を行うことができません。

 

対人賠償や対物賠償を使用するようなケースでないと保険会社は示談交渉ができません。
つまり、過失ゼロを主張を行うような示談交渉を保険会社はすることができないのです。
それをしたところで弁護士法に抵触する可能性が出てきてしまいますからね。

 

実はこういうケースって意外に多いんです。
例えば、交差点の出会い頭の衝突事故の場合、普通は双方に過失があると認められるのですが、
「俺は絶対に悪くない!過失はゼロだ!」と顧客が主張するせいで、
保険会社が示談交渉を行えない....なんて感じです。

 

で、それを顧客に説明するも理解されずに、
「保険会社が示談交渉をできないなんておかしい!」とクレームされたりする。
事故の担当者って大変だな〜って思います。

 

⇒自動車保険コラムの目次に戻る

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから