事故をおこしてしまったらどうすればいいのか

何が一、事故を起こしてしまった場合、どのような対応が必要か。
ここでは任意保険に加入していた場合の対応について説明していきましょう。

警察への連絡

事故後の聴取

まずは二次災害を防ぐため、車を路肩に寄せるなどの対応をしたうえで、すぐに警察(110番)に連絡しましょう。

 

負傷者がいる場合は、警察ではなく119番に連絡し、救急車を呼びましょう。119番から警察には連絡してくれます。

 

負傷者がいる場合、警察に連絡しても救急車の手配もしてくれるのですが、緊急性があることもあるでしょうし、伝達ミスを防ぐために何よりも現場の人から直接119番に状況を伝えることが重要です。

 

事故を起こした人には警察へ報告する義務があります。これを怠ると罰則もありますし、当然「交通事故証明書」が発行されませんので、保険金が支払われないことも考えられます。人身事故はもちろんのこと、物損事故でも必ず報告するようにしましょう。

 

事故の相手への対応

相手の名前・連絡先・住所・加入している保険会社などを聞いて、
相手の車のナンバープレートもメモしておきましょう。
もちろん、自分の情報も相手に伝えます。

 

そのうえで、過失割合がどうとか、いくら払うとかいうことは一切話をせずに
保険会社に今後の対応はまかせる旨を伝えましょう。
ここで変な約束をしてしまうと、
後に示談交渉がスムーズに進まない可能性が出てきてしまいます。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

 

保険会社へ連絡

事故受付の連絡

加入している保険会社の事故受付窓口に連絡をしましょう。もし事故受付窓口の番号が分からなければ、とりあえず同じ保険会社であればどこでもいいので連絡して、窓口の電話番号を教えてもらいましょう。

 

その際に証券番号や車の登録番号などを申告できるとスムーズに話に入れます。日頃から保険証券等、保険の内容が分かるものは車に積んでおいたほうがいいでしょうね。

 

保険会社に連絡することで、まずは事故の受付をしてもらえます。
もちろん、その場ですべきことなども適宜教えてもらえますのでそのとおりにしましょう。
車の搬送が必要なケースでは、ロードサービスの部署にも電話を繋いでくれます。

 

受付が完了したら、数時間後、もしくは後日、事故の担当者から連絡が入るはずですので、
その際に、手続きなどの詳細を説明してもらえます。

 

担当者からの連絡が、自己受付当日ではない場合もあるのですが大丈夫なのかと
不安になるかと思いますが、実際に示談交渉が始まるのは
即日ではありませんので問題はありません。
すぐに必要な対応については、事故受付の際に案内してもらえるはずです。

 

−−−−−−−−
ということで、上にも書いたとおり、
事故の相手には後日保険会社から連絡が行くことを伝えて、
事故現場での対応は終了となります。
あとは適宜保険会社と相談のうえで進めていけばいいでしょう。

 

保険を使うと等級が下がってしまいますので、
相手への賠償金額が少ない場合は保険を使わないほうが良い場合もあります。
そういったことも保険会社の担当者から説明があるかと思います。

 

もし損害額が小さいのに、担当者が等級について何も言ってこないようでしたら、
こちらから聞いてみたほうがいいかもしれません。

 

せっかく保険を使って保険金をもらったのに、等級が下がることで、
受け取った保険金以上に、翌年の保険料が上がってしまったら意味がありませんからね。

 

⇒自動車保険コラムの目次に戻る

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから