人身事故と物損事故の高額賠償の判例

自動車保険の対人賠償と対物賠償の保険金額はいくらにしていますか。
両方とも無制限にしたほうがいいと、よく言われますが、
実際にそんな高い賠償金が請求されることなんてあるのでしょうか。

 

結論から言うと、対人でも対物でも1億円以上の賠償額になることは有り得ます。
特に人身事故で相手が死亡したり、後遺障害を負った場合は、
多額の賠償責任が生じてしまう可能性は高いので、絶対に無制限のほうがいいと思います。

 

人身事故による高額判決例

認定総損害額

被害態様

被害者

裁判所・判決日

5億2,853万円

死亡

41歳・男性(眼科開業医)

横浜地裁(2011年11月1日)

3億9,725万円

後遺障害

21歳・男性(大学生)

横浜地裁(2011年12月27日)

3億9,510万円

後遺障害

20歳・男性(大学生)

名古屋地裁(2011年2月18日)

3億8,281万円

後遺障害

29歳・男性(会社員)

名古屋地裁(2011年11月1日)

3億7,886万円

後遺障害

23歳・男性(会社員)

大阪地裁(2007年4月10日)

3億6,750万円

死亡

38歳・男性(開業医)

大阪地裁(2006年6月21日)

3億6,551万円

後遺障害

14歳・男性(中学生)

仙台地裁(2009年11月17日)

3億5,978万円

後遺障害

25歳・男性(大学研究科在籍)

大阪地裁(2004年6月29日)

※日本損害保険協会「ファクトブック2013」より

 

これは過去の人身事故の高額判決例です。
このほかの高額賠償の事例を見てもそうなのですが、
やはり、若い人や収入の高い人が被害者の場合は賠償金は高額になりますね。

 

実際に事故をおこしてしまうときに、その相手がどんな人かなんて選べません。
20代で収入が高い人を死亡させてしまったり、後遺障害状態にしてしまったら、
賠償金は億を超えることを覚悟しなければいけません。

 

やはり、対人賠償は無制限にしておくべきでしょうね。

 

ちなみに、稀に対人賠償の保険金額を無制限ではなく、
5000万円とかにしている人っているんですけど、
相手を死亡させてしまって、賠償金が5000万円以下になることは少ないです。

 

実際、私は業務で顧客の希望により、5000万円で見積もりをしたことがあります。
説明したうえで無制限を勧めたのですが、「無制限なんて必要ない!この金額いいんだ!」
ということで5000万円で契約をしていた人がいました。

 

こういう人に轢かれてしまったら大変だな〜なんて思った記憶がありますね。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

 

物損事故による高額判決例

認定総損害額

被害物件

裁判所・判決日

2億6,135万円

呉服・洋服・毛皮などの積荷

神戸地裁(1994年7月19日)

1億3,580万円

パチンコ店

東京地裁(1996年7月17日)

1億2,037万円

電車・線路・家屋

福岡地裁(1980年7月18日)

1億1,798万円

トレーラー

大阪地裁(2011年12月7日)

1億1,347万円

電車

千葉地裁(1998年10月26日)

6,124万円

積荷

岡山地裁(2000年6月27日)

4,141万円

積荷

大阪地裁(2008年5月14日)

※日本損害保険協会「ファクトブック2013」より

 

これは過去の自動車による物損事故の高額判決例です。
対人ほどではないですが、1億円超の判決が5件です。

 

被害物件を見てみると、

  1. 相手の車に高額な物が積んであり、それが事故により使えなくなった。
  2. 店舗に突っ込んでしまい、その店が営業ができなくなった。
  3. 踏切で立ち往生などして、電車と衝突してしまった。

 

だいたいこの3パターンが多いようです。
これらのパターンは単純に損害を与えた物の修理代などだけではなく、
間接的な損害として、休業損害が多く発生しますので、高額賠償となってしまうんですね。

 

ただ、人身事故に比べると、億を超えるような高額賠償となる事例はかなり少ないです。
物損事故は人身事故に比べてかなり件数は多いので、1億超えはひじょうに稀と言えるでしょう。

 

でも、稀だとはいえ、高額賠償事故が起こりうることは確かです。
保険料が大きく変わるわけでもありませんし、
やはり、対物賠償保険も無制限にしておいたほうがいいでしょうね。

 

⇒自動車保険コラムの目次に戻る

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから