玉突き事故は一番後ろの車が悪いのか

玉突き事故

高速道路で十数台の玉突き事故・・・なんていうニュースを聞いたことがありますよね。

 

あれって過失割合はどうなるんでしょうか。

 

巷では、「玉突き事故の場合は一番後方の車がすべて悪くなる」という情報が流れているようですが本当なのでしょうか。もしそれが本当であれば、事故の状況によってはそれでは可哀想な場合もありそうですよね。

 

もちろん答えは「ケースバイケース」です。

 

例えば、渋滞中でA車・B車・C車の順で
ノロノロと走行していた3台が玉突き事故をおこしたとします。

 

A車 ← B車 ← C車

 

状況としては、A車とB車は普通に走行していたのに、
C車が脇見運転によりブレーキが遅れてB車に衝突、その弾みでBがAに衝突。
この場合はC車の過失が100%となり、A車とB車の損害はC車が全部賠償することとなります。

 

でも、もし同じ状況でB車が走行中に理由なく急ブレーキをしたときは別です。
その場合は、もちろんB車にも過失が生じますので、
A車の損害をB車とC車が賠償し、B車の損害の一部はC車が賠償するという形になります。

 

 

<参考>

 

A車 ← B車

 

A車・B車の順で走行中に、B車が後方からA車に衝突。

A車が普通に走行してた場合や駐停車していた場合

A車:0% B車:100%

A車が妥当な理由もなく急ブレーキをかけた場合

A車:30% B車:70%

 

上記の過失割合になることが多いです。

 

ちなみに後者は、急ブレーキをかけたA車のほうが悪い気もしますが、
B車が十分な車間距離を取っていなかったほうが過失が大きいと解釈されます。

 

⇒自動車保険コラムの目次に戻る

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから