対人賠償保険と対物賠償保険

対人賠償保険

対人賠償保険とは、契約車両で事故をおこしてしまい、
事故の相手等を死傷させてしまった場合に補償するものです。

 

  • 歩行者を轢いてしまいケガをさせてしまった。
  • 車同士の事故で、相手の車に乗っていた人にケガを負わせてしまった
  • 信号待ちしている車に追突して、相手車の運転者が後遺障害を負ってしまった。

 

このような場合に被害者に対する賠償金相当の金額を補償してもらうことができますが、
他人に対する賠償保険に関しては、強制保険である自賠責保険がありますので、
この対人賠償保険は、自賠責保険で足りない部分をカバーするものとなっています。

 

※自賠責保険の補償金額
・死亡:最高3000万円
・後遺障害:最高4000万円
・傷害:最高120万円

 

軽いケガを負わせた程度であれば、自賠責保険の範囲内で収まることも多いと思いますが、
万が一、相手を死亡させてしまったり、後遺障害を負わせてしまった場合は、
この金額では足りませんので、そんなときの備えとして対人賠償保険は必要なのです。

 

この対人賠償保険を使用した場合、等級は3つ下がり、
事故有係数はプラス3となります。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

 

対物賠償保険

対物賠償保険とは、契約車両で事故をおこしてしまい、
他人の物を壊してしまった場合に補償するものです。

 

  • 単独事故で他人の家の壁にぶつけて壊してしまった。
  • 停車していた車に追突して、相手の車を壊してしまった。

 

このように他人の物を壊してしまったような事故の際に
損害を与えてしまった物の修理代や買い替え費用を補償してもらうことができます。

 

また、物が壊れたというような直接的な損害だけではなく、
車が壊れたことにより代車が必要になった場合は、その費用も補償されますし、
お店に突っ込んでしまい、それによりその店が営業できなくなった分の損害も補償されます。

 

壊した物を弁償するだけではなく、それにより間接的な損害が出たのであれば、
当然賠償責任を問われますから、その部分もカバーするようになっているのです。

 

この対物賠償保険を使用した場合、等級は3つ下がり、
事故有係数はプラス3となります。

 

対物超過修理費用特約

対物賠償保険に追加で付帯できる特約として、この「対物超過修理費用特約」があります。
(保険会社によっては自動付帯となっているところもあります)

 

この特約は、事故の相手車両の市場価格が安い場合を想定されたもので、
対物賠償保険で支払いできない、相手車両の修理費が市場価格を超えてしまった部分を
最大50万円まで補償するというものです。

 

例えば、駐車中の車に追突してしまったとします。
その相手車両の市場価格は20万円。修理費用が30万円だったとすると、
法的には賠償責任は20万円と考えられるため、
対物賠償保険からは20万円しか補償されないのです。

 

当然ながら被害者としては納得がいかないため、
こういった案件はかなりもめるので、示談交渉が長引いてしまいます。

 

でも、対物超過修理費用特約を付帯していれば、差額の10万円を補償できますので、
こういったケースにおいて示談交渉をスムーズに行うことがが可能となるのです。

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから