契約車両の搭乗者が死傷した場合の補償

事故で自分の車に搭乗していた人が死傷してしまった場合の保険として、
人身傷害保険と搭乗者傷害保険の2つの保険があります。

人身傷害保険

事故で自分の車の搭乗者が死傷した場合、治療費や逸失利益など、
規定に沿って実際の損害金額を算出し、保険金額内で支払いがされるものです。

 

ケガの治療費だけではなく、それにより会社を休んでしまった場合の休業損害なども
補償される手厚い補償となっており、多くの保険会社にて、
搭乗者へのメインの保険として位置づけられています。

 

搭乗者傷害保険

事故で自分の車の搭乗者が死傷した場合、定額で保険金が支払われるものです。

 

ケガの場合は、部位症状別払いという方式が主流で、
腕の打撲であれば5万円とか、胸部の骨折であれば30万円などという具合に、
ケガをした部位と症状によって決まった金額が支払われることになります。

 

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは

搭乗者が死傷してしまった場合の保険という部分は同じですが、
保険金の支払い方式に大きな違いがあります。

 

人身傷害保険は、実際の損害金額を計算して支払われる「実損払い」
搭乗者傷害保険は、ケガの部位や症状などによって、一定の金額が支払われる「定額払い」です。

 

また、人身傷害保険は死亡や後遺障害の場合は遺失利益や慰謝料など、
ケガであれば病院代以外の損害まで考慮して支払われますので、
搭乗者傷害保険に比べて、幅広い損害まで補償するものと言えるでしょう。

 

人身傷害保険を搭乗者へのベースとなる保険と考えて、
さらに充実した補償を希望する場合は、搭乗者傷害保険を上乗せするというのがオススメです。

 

さらに言うと、搭乗者への補償は最低限でOKという人は
人身傷害保険を付帯せずに、搭乗者傷害保険だけにするという手もアリだと思います。

 

搭乗者傷害・人身傷害だけの使用であればノーカウント

通常、事故で自動車保険を使用すると、翌年度の等級が下がってしまうのですが、
搭乗者傷害保険や人身傷害保険だけを使った場合は、
等級にはまったく影響しないので、翌年度は等級が1つ上がることになります。

 

ただし、同じ事故で他に対人賠償・対物賠償などを同時に使用した場合は、
普通に翌年度から等級が3つ下がってしまううえに、
以後3年間は事故有係数と適用となってしまいます。
(使う保険と事故の内容によっては、1等級ダウンの場合もあります)

 

※関連記事⇒自動車保険を使うと等級は?

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから