自動車保険の特約

保険会社によって、いろいろなニーズに合わせた多くの特約が販売されていますが、
このページでは、メインの補償とは別に付帯しておくと、いざというときに役に立つ
当サイトおすすめの特約について、いくつか説明します。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

弁護士費用特約

契約車両の事故により、事故相手との示談交渉等をする際の弁護士費用を補償する特約です。

 

通常、自分に過失が生じる事故であれば、保険会社が示談交渉をしてくれますので、
この特約は不要ですが、もらい事故のように自分に過失がない事故の場合、
保険会社が示談交渉を行うことができないため、自分で示談交渉を行うか、
弁護士に頼んでやってもらうことになります。

 

自分で示談交渉を行うのはなかなか骨の折れること。
でも、この特約があれば、弁護士費用が補償されますので、
費用を自己負担することなく弁護士に示談交渉をまかせてしまうことも可能になるわけです。

 

対物超過修理費用特約

対物賠償保険に追加で付帯する特約で、他人の車に損害を与えてしまった場合で、
修理額がその車の時価額を上回った場合に50万円を上限に補償する特約です。

 

他人の車に衝突してしまい、修理代が40万円かかったとしても、
その車の時価額が30万円だった場合、賠償責任額は30万円となるため、
対物賠償保険からは30万円しか支払われず相手ともめることが多いんです。

 

でも、この特約を付帯していれば、差額の10万円分も補償することができるので、
事故相手ともめずにスムーズに示談交渉を進めることができます。

 

保険会社によっては自動付帯となっているところもあります。

 

車内身の回り品

車両保険に追加で付帯することができる特約です。
事故や盗難などで車内に置いてあった身の回り品が損害を被った場合の補償です。

 

  • 事故の際に、車内に置いてあったデジカメが壊れてしまった。
  • 事故でトランクに積んでいたゴルフクラブが折れてしまった。
  • 車内に積んでいたスキー用品を盗まれてしまった。

このようなケースのときに損害額が補償されるのですが、
補償されるのはあくまでも損害額。

 

中古のデジカメが壊れても、新品相当の金額が支払われるわけではなく、
減価償却分を考慮した金額が支払われることとなります。

 

ファミリーバイク特約

「125cc以下のバイク」で事故を起こした場合の補償をする特約です。
対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害保険(主契約に付帯がない場合は自損事故保険)の
3つの補償だけとなりますが、単体でバイク保険に入るよりは割安な金額となります。

 

普段、原付バイクなど125cc以下のバイクを運転する方で、
任意保険にまだ加入していなければ、自動車保険にこの特約を付帯しましょう。

 

代車費用特約

事故で車の修理が必要になったときに、その修理期間中の代車費用を補償する特約です。

 

ディーラーや保険会社指定の修理工場へ入庫すれば、
代車を無料で貸し出してくれたりもするのですが、さすがに時期によっては
車が空いておらず代車を貸し出してくれないことも考えられます。
そんなときにこの特約があれば、修理期間中のレンタカー費用が出ますので安心です。

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから