自動車保険の3つの名義

自動車保険の契約する際には
「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の3つの名義を設定します。
この名義はすべて同じ人にすることもできますし、それぞれを別の人に設定することも可能。
ただし、親族ではない個人を設定することは基本的にはできません。

 

それぞれの名義の意味は下記のとおりとなります。

契約者

契約者

保険会社と契約を締結する人で、保険料を支払う義務があります。

 

よって、口座引落しで保険料を支払う場合、その口座は契約者名義のものからになりますし、クレジットカード払いする場合も、そのカードは契約者名義のものを使うことになります。(配偶者のカードでもOKなところもあるようですが)

 

申込書などの記入や捺印も契約者が行う必要があります。(現実的には、家族が代理で書いて捺印しているケースも多いと思いますが、厳密には契約者が行う必要があります)

記名被保険者

等級制度において、この記名被保険者が一番重要な名義です。
保険会社によっては「賠償被保険者」と呼んだり、
全労災などの自動車保険(共済)では「記名被共済者」と呼びますが同じ意味です。

 

契約を締結している自動車を「主に運転する人」を設定し、
この記名被保険者を中心に保険を考えることになります。

 

・契約者・・・父親
・記名被保険者・・・息子

 

このような契約において、運転者を本人限定にした場合、
その本人というのは、父親ではなくて、記名被保険者である息子のことを指します。
つまり父親が運転して事故をした場合、保険は使えないということですので注意が必要です。

車両所有者

車両を所有している家族

文字通り、契約車両の所有者です。
ローンで車を購入した場合、車検証上の所有者がローン会社やディーラーになりますが、そのときは車検証上の使用者を登録することになります。
(この状態を所有権留保と呼んでいます)

 

所有者(所有権留保の場合は使用者)が他人名義の車両については、基本的に自動車保険の契約はできません。

 

⇒自動車保険の基礎知識の目次へ戻る

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

関連Q&A

主に運転するのは私です。ですが妻の免許がゴールドなので、ゴールド免許割引を適用させるために記名被保険者を妻に設定したいのですが、それは可能でしょうか。

主に運転する人がゴールド免許だった場合に、損害率が低くなるというデータを根拠として、ゴールド免許割引というものは適用していますので、主に運転する人でない奥様を設定するのは望ましくありません。また最近では、記名被保険者の年齢によっても保険料が変動します。

 

よって、このような場合、奥様を記名被保険者にするのは基本的にできないところが多いです。ただ保険会社によっては、このあたりが甘いところもあるようなので、見積もりをする際に相談してみるといいかもしれませんね。

<関連Q&A>

彼女の車の保険を自分が契約できるのか
あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから