保険を使うと等級は?

等級制度とは」のページでも書いたとおり、
事故で保険を使った場合、基本的に次回の等級は3つ下がるのですが、
下記の事故の場合は、1等級しか下がらなかったり、(旧制度ではすえおき)
保険を使わないときと同様に1つ上がる場合もあります。

1等級ダウン事故

「車両保険事故」「車内身の回り品特約を使う事故」のいずれか1つ、
もしくは両方の事故のみで、下記の原因による場合は等級が1つ下がります。

 

(1) 火災または爆発。ただし、他物 (飛来中または落下中の物を除きます。) との 衝突・接触・転覆または墜落によって生じた火災または爆発を除きます。
(2)盗難
(3)騒擾(そうじょう)または労働争議に伴う暴力行為または破壊行為
(4)台風、竜巻、洪水または高潮
(5)落言きまたは窓ガラス破損。ただし、他物 (飛来中または落下中の物を除きます。) との衝突・接触・転覆または墜落によって生じた窓力ラス破損は除きます。
(6) 飛来中または落下中の他物との衝突
(7) いたずら
(8) その他偶然な事故。ただし、他物 (飛来中または落下中の物を除きます。) との衝突・接触・転覆または墜落によって生じた損害を除きます。

 

運転ミスや不注意が原因ではないものばかりですね。
例えば、現在10等級で、これらの「1等級ダウン事故」により保険を使ったとすると
更新後は1つ下がった9等級になるのです。

 

また、事故有り係数が「1」増えてしまい、
更新後1年間は事故有り等級の割引率が適用されることになります。

 

<注>
旧等級制度では、等級「すえおき」扱いとなります。
→詳細は「自動車保険の等級制度が改定される」を参照してください。

 

ノーカウント事故

「搭乗者傷害」「無保険車傷害」「人身傷害」
「車内身の回り品以外の特約」だけを使用する場合は、事故件数には数えず、
他に事故で保険を使っていなければ、普通に次回の等級は1つ上がります。

 

例えば現在10等級だとすると、次回は11等級になるということです。
保険を使用しなかった場合とまったく同じということですね。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

 

軽微な損害でも必ず事故受付を!

単独事故

ということで、事故などで保険を使ったとしても必ず等級が3つ下がるわけではないのです。

 

数万円程度の小さな損害を補償してもらうために、翌年の保険料が上がるのはもったいないと、
事故の連絡をせずに自費で済ませてしまう人も、たまにいると聞いています。

 

でも、上記のとおり、1つだけしか下がらなかったり、1つ上がったりする場合もあるんです。
事故の連絡をしたからといって、必ず保険を使わなければいけないことはありません。

 

事故の担当者は使ったほうがいいか、それとも使わずに自費で直したほうがいいかを
翌年以降の保険料を考慮してアドバイスしてくれるはずですので、
事故があったら必ず事故の受付窓口に連絡するようにしましょう。
連絡することで損をすることはないはずですよ。

 

※注意※
・上記のルールについては、どの保険会社もほぼ同じですが、
会社によっては、一部違う部分もある可能性がありますのでご了承ください。

 

<関連Q&A>

事故をおこしても保険は使わなければ....

 

⇒等級制度ガイドの目次に戻る

あなたは損しているのかも!?

インズウェブのアンケート結果

インズウェブでは、最短5分の入力だけで
最大20社の保険料を無料見積できます。

インズウェブを初めて利用して人達は
平均30,035円も保険料を節約できてます。
あなたも保険料を大幅に節約できるかも!!


⇒インズウェブでの見積もりはこちらから